アイコン・ヘッダー500円制作レポート>>

【画像18枚】名古屋から上高地(大正池・河童橋)へ日帰り旅行【あかんだな駐車場】

今回は、愛知県から日帰りで行ける距離で大自然をあじわえる上高地の紹介をします。

実際に日帰りで上高地へ行ってみましたが、超絶景と涼しい気候でとても癒されました。

【河童橋周辺からの風景】

【大正池】

週末に避暑地に行きたいときや、森や川でリラックスしたいときにオススメできる場所なので、参考にしてみてください。

名古屋から車で行く方法

まず、上高地への行き方ですが、車で行くことを断然オススメします。

名古屋付近から高速に乗れば200km 約3時間ほどで到着します。

高速料金も片道3000~4000円くらいです。

ただ、注意が必要なのは現地までは車で行くことができない。ということです。

実は上高地は1年中マイカー規制をおこなっており、あかんだな駐車場からシャトルバスに乗る必要があります。

あかんだな駐車場

あかんだな駐車場の敷地内に、上高地行のシャトルバスが待機しているため、

とりあえず、あかんだな駐車場をナビに設定して出発しましょう。

あかんだな駐車場の情報

・収容台数:850台

・料金:1日600円

・営業時間:AM3:30~19:00(出庫は24時間可能)

詳細HP:平湯・あかんだな駐車場周辺のご案内

あかんだな駐車場の料金表と駐車券↓

 

上高地へのシャトルバス

あかんだな駐車場へ到着したら、シャトルバスの切符売り場があるので、切符を購入します。

あかんだな駐車場~上高地までの料金

片道:1160円

往復:2050円

 

※大正池までの場合

片道:890円

 

時刻表など詳細HP:濃飛バス

とりあえず往復を買っておくことをオススメします。

理由は、

上高地で降りて河童橋周辺を散策したら、大正池まで40~1時間ほど歩いていくことができます。(川沿いを気持ちよく歩けます)

そうすると帰りは、大正池からあかんだな駐車場行のバスにのるため、片道890円になりますが、

行きのあかんだな駐車場~上高地の片道料金1160円を足すと2050円となり、往復料金と変わりません。

どうせなら、最初に往復切符を買っておいたほうがスムーズです。

バスの乗車時間は約40分ほどです。

上高地の風景

上高地バス停に到着してから、河童橋方面へ5分ほど歩くと絶景が登場します。

河童橋↓

 

河童橋周辺からの景色↓(残念ながら曇っていました)

僕が行った日は、前年ながら雲があり、綺麗な稜線を観ることができませんでしたがそれでもとてもきれいでした。

ちなみに、この絶景をライブ配信しているyoutubeチャンネルがあります。

当日は、こまめに天気予報と、このライブカメラを確認すると良いと思います。

大正池へ移動

上高地を十分に散策したら、大正池へ歩いて移動しました。

時間にして40分~1時間ほどかかりますが、普段全く運動しない僕でもまったく苦ではありません。

綺麗な川沿いの道や、森の中を歩くことができます。

川は綺麗な透明。(透明を通り過ぎてスカイブルーになっているところも)

途中からは、森の中へ入る道を歩きます。

様々な景色を堪能しながら、気持ちよく歩くことができます。

ニホンザルと遭遇

道の途中にこんな看板がありました。

左上の猿の張り紙には、こんなことが書いてあります。

運が良ければ、散策中に園路で見ることができます。

実際にあるいていると、なんといました!

しかも、5匹!

ただ、注意が必要なのは、ある程度距離を置くことです。

割と好戦的な猿が一匹いました。(下の写真の一番手前の猿)

猿の動画をTwitterに上げました。

大正池

大正池に到着すると、またしても絶景が。

ここで座ってぼーっとしているだけでも、かなり癒されます。

十分に自然を味わったらすぐそばにある、あかんだな駐車場行のバス停でバスに乗れば、帰ることができます。

合計の観光時間は3時間ほどでしたが、泊まりでいくなら、もっと長居したいくらい気持ちの良いところでした。

また近いうちに、今度は快晴の日に行きたいと思います。

もし自然に行きたいと思っている方がいれば、是非、上高地へ観光に行ってみてください。