アイコン・ヘッダー500円制作レポート>>

【画像17枚】TAWARON製 三脚付ワイヤレスセルカ(自撮り)棒を買ってみた【レビュー・動画付き】

youtubeに動画を投稿をするために、スマホ用の三脚を購入してみました。

今回買ったのは、TAWARON製の三脚です。

仕様用途が三脚だけでなく、自撮り棒にもなるしBluetoothで離れた場所からでもシャッターを切れるのが決め手になりました。

三脚付ワイヤレスセルカ棒

 

 

ぺんた

使ってみた感想はズバリ、最高でした
紹介するよ!

ぴよた

レビュー

AMAZONから商品が到着しました。

外箱のサイズ感は500mlペットボトルとほぼ同じサイズでした!

自撮り棒をメインに使うのであれば、少々オーバーサイズかもしれませんが、三脚メインで買ったのでとてもコンパクトに感じます。

↑TAWARON社って代理店かと思ってましたが、ちゃんとしたメーカーなんですね。

やはりメーカーだと安心ですよね。

詳しいサイズ感は外箱の横に記載されていました。

・畳んだ状態の全長は20.5cm

・伸ばし切った状態は全長100cmです。

・本体重量は235gなのでスマホと同じくらいの重さでした。

外箱から取り出しました。

本体・スマホアダプタ・リモコン・リモコンの充電ケーブル・取扱説明書

が入っていました。

リモコンは三脚の足の部分(自撮り棒なら取っ手の部分)に付けられるようになっています。

リモコンは充電式なのもとても良いです。電池変えるのめんどくさいですもんね。

連続作動時間は約20時間

連続待機時間は約150

個人的には十分です。

説明書も正しい日本語オンリーで安心感があります。

Bluetoothの接続も超簡単です。

リモコンの側面にあるスイッチをONにして、

スマホのBluetooth画面を開くと「TAWARON」が表示されるので、タップします。

すると接続されます。

これでカメラのシャッターとズームイン・ズームアウトが操作できます。

注意:iPhone67では、ズームイン・ズームアウトボタンを押してもシャッターになりました

ズームに関しては、アンドロイド対応と説明書に書いてありました。

自撮り棒メインでの使用であれば、ズームできないと厳しいかもしれませんが、

僕は三脚メインでの使用なので特に気にせずスルーしました。

スマホを装着する部分はこのような感じになっています。

しっかりとネジで固定できるので、落下の心配はありません。

他製品でバネでスマホを固定するものがあるのですが、バネは落下が怖いので、ネジでの固定は高ポイントでした!

自撮り棒として使うとこんな感じになります。

結構な長さがありますが重さはそこまで気になりません。

また長さも微調整可能なので使い勝手は良いです。

三脚として使うとこんな感じになります。

角度の固定も強くできるので、使い勝手は良いです。

角度は120度調整できます。

分厚めのカーペットの上に乗せても安定しています。

もちろん、向きの回転は360度できるので正面に持ってくることもできます。

ヘッドの部分の画像は、こんな感じです。

ここも調整後はネジで固定できるので、ぐらつくということはなかったです。

動画で商品の確認がしたい場合はこちらをご覧ください。

また、この三脚とiPhoneで定点動画撮影をしてみました。ブレなどはなく好印象です。

まとめ

TAWARON製のスマホ向け三脚を購入しました。

自撮り棒としても使えますが、自撮りはおまけとしてならアリ。という感じで、

自撮りをメインにするのであれば、他製品の方が使い勝手は良いといます。

ですが、三脚として使うのであれば、とても使いやすい商品です!

旅先で三脚やおまけとして自撮り棒として使えますし、僕のようにyoutube撮影用にも使えます!

今回紹介した商品はこちらから購入できます。