アイコン・ヘッダー500円制作レポート>>

うつで休職した時の給料と復職について

 

明らかに体に異変が起きているのに、休職したらお金がもたないとか、会社に戻れないんじゃないかって考えてしまって、どうしても「休みたい」と言い出せない人が多いと思います。

というかほとんどがそうだと思います。

そういう人に向けて、自分の経験をお伝えしたいと思います。

そもそも、自分はうつなのか?

ストレスからくる体の異変はうつ?なの甘えなの?という記事を書きましたが、

うつ? 甘え?分からないと悩んでいる人へ。

とにかく体に異変が起き始めたら、うつの始まりであると認識したほうが良いです。いきなり休むということはなかなかできないでしょうから、会社の同僚や上司などに相談してみてください。

我慢して、ほんとうに心身ともに粉々になったら意味ないですからね。

僕は眠れなくなって、睡眠不足のため免疫力がおちて風邪を引き、、、という具合に今思い出してもきつかったです。

うつだと判ったら

メンタルクリニック等、病院にいった結果、うつだと診断されたら、とにかく休むことを考えましょう。

でも、自分も経験者なのでわかるのですが、そんなにすんなり休むという決心はつかないですよね。

僕の場合は、うつだと診断されて、診断書も書いてもらったのに

診断書を会社に出さずに仕事を続けたことがありました。

その時は運がよく、次の週から配属先が変わるタイミングでしたので、次の配属先の環境が自分に合っている可能性にかけました。

結果、とても信頼できる先輩や優しい職場の方たちがいたため、何とか続けることはできました。

ですが、多発型円形脱毛症になったため、相当なストレスがあったことは間違いないです。※円形脱毛症についても、いずれ記事にしますね。

その1年半後に再度うつ症状がでたときは、出社することができなくなってしまったので診断書は貰ってすぐに出しました。

出社できなくなるまで我慢するのは本当によくないです。

ちなみに、その時も多発型円形脱毛症になりました。(治るのに1年くらいかかるので、やっかいなんですよね。。。)

休職したら、案外大丈夫だった。

ここから本題ですが、いざ休職したら

案外、大丈夫だった。

まずお金に関してですが、

加入している健康保険組合から『傷病手当』という手当がでて、給料の3分の2が支給されました。

お金はまったくでないと思っていたので、この制度にはとても助かりました。

みなさんも加入している保険などによって手当がでる可能性があるので、確認してみてください。

次に、職場についてですが、

僕が参加していたプロジェクトには、新しい人が配属されて、現在もそのプロジェクトに関わっています。なので、とくに大きな問題になったということでもないかと思います。

僕が、他の人がうつで職場にこなくなった例をみてるかぎり、

基本的に、会社は人がいなくなったら、新しい人を採用するか、有能な社員を送り込んで問題解決してしまいます。

もちろん全部の会社がそうでないと思いますが、それなりの社員数がいる会社であれば、それなりに対応する体力はあると思います。

次に、休職した後はどうなるの?というところですが、

僕の場合、配属転換してもらい、うつになった職場から離れられました。

こうしてもらえば、基本的に体調が回復さえすればなんとかなる可能性は高いと思います。僕はなんとかなりました。※休職期間が短かった(1か月)ため、復職後はとても苦労しましたが…実際自分がうつの症状が緩和されたのは半年くらいたってからでした。

配属転換ができないような会社であれば、もしかしたら転職という可能性がでてくるのではないかと思います。うつで気分が落ちているときには、自分はなにもできないんじゃないか?転職なんて無理。という気持ちになりますが、体調が回復すれば徐々にポジティブな気持ちになるので、しっかりと休んで体調回復しましょう。

まとめ

今回は、僕の休職経験をもとに、

休職しても、大丈夫だったよって話をしました。

心身がぼろぼろになる前に、最後の勇気を振り絞って休むことも検討してくださいね。