アイコン・ヘッダー500円制作レポート>>

うじうじくよくよ対策【不安症・自滅型思考脱却】

不安症で、鬱経験者のこぺんぎんです。

僕は2018年4月に鬱(正式には鬱状態)を発症して休職を経験しました。

仕事のプレッシャーで鬱になったのですが、

長時間勤務があったわけではなく、厳しい上司がいたわけでも、パワハラがあったわけでもありません。

自信のない自分を、自分で追い詰めて病んでいきました。

完全な自滅型です。

(自分の身の丈を超えた大きなプロジェクトということもありましたが…)

ちなみに自分の自滅型は、主にこんな症状です。

・他人が怒られているのに、自分がダメージをうける。

・失敗していないのに、失敗したことを想像してしまう。

・とっくに過ぎた嫌な思い出を何回も考えてしまう。

自分を追い詰める必要のない場面で、こういう思考をしてしまって自分を追い詰めていました。

休職することを上司に話した時も、上司からはこんなことを言われました。

「でも、君は職場からの評判も良いし、君が仕事ができないって話は聞いたことないよ。」

ただ、それでも”自分は何もできない。”という思考になるまで追い詰めていたため、そのまま休職になりました。

1ヵ月間だけ家で療養し、なんとか仕事を復帰しましたが、なんと今後はヘルニアで休職。

復職間際になって、また自分を追い詰めて、完全に病んでいました。

当時のツイートを見返すと完全に病んでいます。

昨日は取り乱しました。
普段から、寿命まで生きていく自信があまりなく(仕事とかお金的な意味で)、ヘルニアで2か月超の休職と、復職までの焦りや、復帰後の冷遇の想像や、仕事自体への不安や疑問、辞めたとて何がしたいのか、みたいなのが一気に押し寄せて、不安が爆発してしまいました。

復職してもすぐにフェードアウトするのかな。なんて自分でも思っていましたが、

復職するタイミングで考え方を工夫したら、現在は平然と仕事を取り組めている自分がいます。

かなり効果を実感しましたので、自分がした考え方の工夫をご紹介します。

ぺんた

あれもこれも嫌なことが頭をよぎる。。。
そんな人にこの記事が良いキッカケになるといいな。

ぴよた

変わらないことを受け入れる

まず、僕みたいな自滅型は、

良い方向にも悪い方向にも感受性が高いです。

感動的な映画を観てジーンとなりやすかったり、楽しみなことがあるとソワソワが止まらなかったりする反面、

嫌なことがあると必要以上に受け止めてしまい、何回も何回も考えてしまいます。

自滅型の人はこれを自覚していて、そもそも頭に嫌なことがよぎらないようにする方法を求めますが、

正直、変わるのは厳しいです。生まれつきですから。

”考えないように考えないように。”って常に身構えるのも逆に疲れてしまいます。

なので、嫌なことを受け止めてしまう・考えてしまう自分をとりあえずは、否定せず受け入れてみます。

嫌なことを考えてしまう自分を受け入れて、

自分は自滅型なんだな。

と素直に自覚します。

考えた瞬間忘れる(ようにする)

自滅型であることを受け入れたあと、僕に起こった変化がありました。

嫌なことを考えてしまったときに、

「あ、今自滅してる」

って気づくことができるようになりました。

その気づきが起こった瞬間に、

「無駄な自滅はしない。はい。忘れる。」

と頭の中で唱えます。そしてそっちに意識を向けないようにします。

すると、ずいぶんとメンタルが安定しました。

マジで段違いでメンタルは安定しています。

とても大事なことなので、もう一度言うと、

以下のような考え方を捨てます。

””根本的に嫌なことを考えないような自分になる。””

↑この考え方を捨てる。

そして、次のような考え方にします。

””嫌なことを考えちゃっても良いけど、気づいて、すぐ忘れる。””

↑これ超大事

自分を受け入れると自分を直視できるようになって、今自分が自滅してるって気づけるようになりました。

気づいたら、対処。

対処しちゃえば良いんです。

そもそも鬱や不安症はその人の素質からくるものなので治りにくい病気ですから、根本治療じゃなく、対処療法しましょうってことです。

根本治療のように、”嫌なことを考えない自分になろう。”なんて思っていたら、いざ考えちゃったときに、

「あーまた考えちゃった。あー辛い。」ってなるので、そこから脱却です。

考えてもいいから、考えたら気づいて忘れる。

まとめ

嫌なことを考えてしまう自分を受け入れて、自滅型だと自覚します。

嫌なことが頭をよぎったら、「俺、いま自滅してる。やめとこ。忘れよ。」って意識を嫌なことから切り離します。

僕はこれで、普通に仕事ができるくらいにメンタルが安定しているので、もし自滅型の人がいたら試してみてください。